塗り替えの目安

 塗り替えの時期

 一般的に外壁の塗り替え時期は、新築時から5年、その後の塗り替えは10年が目安と いわれています。 新築時は下地のモルタルがまだ乾燥しきっていない状態でどうしても塗装する事になって しまうため、最初の5年はとてもひび割れが入りやすく、少し早く塗り替えた方が建物には良いといわれています。  しかし実際は新築から5年で塗り替える、というのは予算的にも難しいと思いますし、実際に塗り替えられる方も そう多くはありません。ですが一応そういう事も参考にしていただければと思います。

 外壁の状態の目安
 外壁塗装で使用された塗料の種類で耐候年数は変わってきます。アクリルリシン(艶無し塗料)で4年くらい、弾性塗料で7年くらい、 ウレタン塗料で10年くらい、シリコン塗料で13年くらいと言われています。 しかしこれも、あくまで塗料の艶や、 塗料としての能力を持続できる期間の目安ということなので、どうしてもその前に建物のゆがみや振動による衝撃などの要因も絡み、下地モルタルにひび割れなどはでてきてしまいます。  そのひび割れなどの状態を考慮し早めの塗り替えをお勧めします。

もし手遅れにしてしまうと、下地のモルタルの劣化が激しくなり、その後塗り替えたとしても 綺麗に仕上げる事ができなかったり、塗料の能力を充分に発揮できなくなってしまう場合もあります。 また、外壁の痛み具合 を見るには、外壁を手で擦ってみて、手に白い粉が付いてくるようだと、外壁の塗料が風化してしまい、外壁の保護が 出来ない状態になっていると思われます。

 木部、鉄部の状態の目安

 木部、鉄部も塗装の剥がれ、鉄部の錆びなどの状態を見て、早めの塗り替えをお勧めします。 特に注意していただきたいのが鉄部です。鉄は一度錆びさせてしまうと、その錆びを止めるのはとても難しい事です。 補修する場合も大掛かりな工事になる場合も多いです。建物を長持ちさせる為にも、メンテナンス費をおさえる為にも、錆びる前に、なるべく短いスパンで是非、塗り替えをご検討ください。

 塗り替えについて

 当社は塗り替えの重要点を日々劣化していく建物の保護と、美しく美観を保ちお客様に日々気持ちよく生活して頂く事へのお手伝いだと考えています。

塗り替えについての考え方は、お客様のお住まいに対する考え方で大分変わってくるのかもしれません。お住まいの家を20年で手放されると考えるのであれば一度の塗り替えもされず、そのまま手放されてもあまり不具合は無いかもしれません。しかし、30年、40年、50年と長く大切に住まわれると考えるのであれば、適切な塗装行程で最善の塗料を選び、なるべく短いスパンで塗替える事が大切だと考えます。料金面やアフター面でも当社は必ずそのお力になれると自負しております。

[MENU]

◆ トップページ
◆ トピックス
◆ 会社紹介
◆ 塗り替えの目安
◆ 塗料と塗装工程
◆ 塗装料金の単価
◆ 施行現場の紹介
◆ メール
◆ 求人案内
◆ チラシ
◆ Blog


[メッセージ]

我が社は東京都練馬区で一般住宅の内外装の塗り替えを主に施行させて頂いている塗装店です。

親切、丁寧、責任施行をモットーにお客様に満足していただけるよう、精一杯施行させて頂きますので是非塗り替えの際はよろしくお願いいたします。見積り無料!!


inserted by FC2 system